レコーディング

只今のお得な料金 1時間 2500円(税込)

大事な防音・吸音室

毎日SNSで色んな音楽を聴いています。素人とプロのレコーディング質の違いに関しては、一番目立つことは素人の方が吸音処理不足です。吸音処理がないと音波が壁や他のものから反響して悪く響きます。綺麗な生の音を録音できるようにGOODMAN RECORDINGS, TOKYOは完全に全面的に球音のあるアイソレーションルームをご用意いたしました。
宮地楽器が開発したベリークプラスの平米1m防音室の中でレコーディングを行なっています。丈は2mですのでマイクスタンドやギターアンプがあっても十分なスペース感があります。扉を閉じたら、演奏に集中しやすく環境となります。

Fender Princeton ReverbとNeumann U47 FET

ノイマン U47 FET コンデンサーマイク

こちらのマイクはスタジオの芯であります。APIの新開発チューブマイクプリに接続してレコーディングを行なっています。マイクプリ→ API SR24 EQ → コンプレッサー(ハードウェアで6台有り、そしていくつの高級なプラグインが有り)。

API T12 チューブマイクプリとAPI SR24 EQ
API T25チューブコンプレッサーとAPI SR22 モノ・ステレオコンプレッサー

アナログハードウェアによる暖かい音質

機材のリストはこちらにご参考下さい。
グッドマン・レコーディングスは何よりも最善の音質を作ることを大事にしています。音質が良ければ、お客様の作品が良くなり、満足していただけると思います。
本スタジオが作る音を最善的に出すためにアナログ機材を使用することにしています。僕の昔ながらの趣味かもしれませんが、アナログの方はプラグインがまだ完璧に実現できない暖かい音を作っています。実際にアナログ機材とプラグインの違いを試聴してみたい方、是非僕にご自身で録音したトラックを送ってください。僕はサービスでそのトラックをアナログ機械と同じ機械のプラグイン版のデモを作成いたします。

Universal Audio 1176LNコンプレッサー、API 2500+バスコンプレッサー、ステレオDistressors

ソロアーティスト

本スタジオはソロアーティストのニーズにぴったり合っていると思います。シンガー、アコギ、弦楽器及び管楽器、ごゆっくりに本スタジオのノイマンマイク、チューブマイクプリ、色なコンプレサーなどそして僕自身はご理想の音を録音します。オリジナルバッキングトラックも作成できます。歌手が名曲を歌う場合、色んなバッキングトラックを手に入れることができます。

かおりさん

バンド

バンドも大歓迎致します。但し大型スタジオと違って2つのことがあります。こちらにはドラムは置いてません。ドラムのMIXは得意ですが、レコーディングする場合、他のスタジオを借りることとなります。そして同時にスタジオが入れる人数はお客様2人まです。ご了承お願いします。本スタジオの質の高いレコーディング機材とお得な値段を考慮して頂けると思います。

Fender Princeton Reverb Custom 68 w/Shure SM57. Ampeg Portaflex PF-T50 + PF115HE w/ Sennheiser e602.
Gretsch Vintage Select ’53 Duo Jet.